top of page

2×4 Construction method

スクリーンショット 2020-07-23 1.26.05.png

工 法

2×4

ツーバイフォー(2×4)工法が実現する

憧れの暮らし

スクリーンショット 2020-07-23 1.27.23.png
スクリーンショット 2020-07-23 1.39.58.png

ツーバイフォー(2×4)工法​とは?

木造建築の工法で「木造枠組壁工法」のひとつです。なぜ「2」と「4」という数字が出てくるかというと、家を建てるときにつかわれる角材のサイズが「2インチ×4インチ」であるためです。
 

ツーバイフォー住宅は、六面体構造による耐震性、断熱性、気密性などの性能の高さに加え、設計・生産の品質が確保し易く、環境にやさしい木の住まいです。

ツーバイフォー(2×4)工法の
メリットとは?

耐震性、耐風性が高いこと。“面”で構成されているので、地震や風といった外部要因に対して、在来工法よりも耐性があると言われています。もちろん在来工法でも耐震性、耐風性はありますが、その分の設計と工事が必要になります。

在来工法に比べて高機密、高断熱であることが挙げられます。これも“面”であることに由来しますが、冷暖房効率だけでなく、耐火性にも影響します。ツーバイフォー工法で建てられた住宅のほとんどは「耐火性能を持つ建物である」と認識されていて、火災保険の費用を抑えることもできるのです。

また、もうひとつのメリットは、比較的工期が短いこと。在来工法は大工、職人による手作業の割合が多いため工期が長くなりがちですが、ツーバイフォー工法においてはシステム化が進んでいて分業がしやすいという特徴があります。

パネル作成17.jpg
天底フレミング工事.jpg

ツーバイフォー(2×4)工法の
メリットは?

間取りに制限があったり、後から変更することが難しいこと。“面”で構成していく、つまり「箱」のようなかたちになるため、壁を抜いてリビングを広くすることも、構造上難しくなります。

 

同じように、リノベーションをしたいと思っても、間取りの変更を伴うような大きな工事が思うようにできない、ということもあります。

また、開口部を大きくとるのが難しいという欠点も。開口部は「箱」の一部をくりぬいてつくることになるため、住宅を支える壁の強度が下がってしまうのです。上記の間取りと開口部については、在来工法に比べると自由度が低いと言えます。

ツーバイフォー(2×4)工法は
地震にも強い

世界有数の地震国である日本において、住宅の「耐震性」はもっとも重要な基本性能です。日本でツーバイフォー住宅が着実に増えている大きな理由はここにあります。
床・壁・屋根が一体となったモノコック構造のツーバイフォー住宅は、地震の揺れを6面体の建物全体で受け止めて力を分散させます。地震力が一部分に集中することがないため倒壊・損傷がなく、地震に対して抜群の強さを発揮します。

スクリーンショット 2020-07-23 1.24.25.png

​YouTubeでも公開中!

​3匹の子ぶた
ツーバイフォーならだいじょうブーQRコード

スクリーンショット 2020-07-02 23.31.02.png
  • Houzz
  • Instagram
bottom of page